Import Editor

  Data

Import Editorは、独自のインポート機能を追加するためのエディターです。

Import Editorを起動すると、New/Editボタンがあります。ボタン左の一覧にあるインポート機能を編集するか、新たにインポート機能を追加する場合、このボタンを押します。

New/Editを押すと設定画面が表示されます。左上から順に、
Import Name(このインポート機能の名前)、
File Type(読み込みたいデータの形式)、
Sheet Name(空白なら第1シート)、
Rows from(何行目からデータがあるか)、
Has Column Header(ヘッダーがあるか)を入力、

さらにLoad SampleDataでサンプルデータをロードすると、右の一覧に項目名が表示され、Quark Appsシートとの対応関係を入力し安くなります。

また、Dateについては、年だけを出力するようなFunctionが用意されています。Delimiterは区切り文字の設定です。読み込むデータに合わせて、正しく登録してください。

全てを設定し、左上のSaveを押すと、インポート機能の一覧に追加されます。