Copy Full Text

  RPA

Copu Full Textは、PDFなどのオフィス文書を連続オープンし、全てのテキスト情報をコピーしてExcelファイルにリスト化する自動プログラムです。文書をオープン→すべて選択→選択範囲をコピー→ペーストを繰り返します。WordやPower Pointなども可能ですが、情報が欠ける場合がありますのでご注意ください。情報が欠けるようでしたら、PDFへ一括変換してからCopu Full Text処理することをおすすめします。PDFへの一括変換は、Acrobatなどの専用プログラムをご使用いただくか、こちらの記事を参考にしてください。

まず、Copu Full Textを起動します。

次に、取得したテキスト情報をシートのどの列にペーストするかを指定します。

RPAが起動し、文書が保存されているフォルダを指定します。フォルダ内にあるすべてのファイルが対象になりますので、予め不要なファイルは移動しておいてください。Selectを押すと処理がはじまりますので、以降、PCから手を離してください。

処理が終わると、指定した列に各ファイルのテキスト情報が抽出されています。