Archives : 3月-2022

Link to NodeXLは、オープンソースのネットワーク分析ツールであるNodeXLとQuark Appsの連携機能です。Quark Appsで処理したデータを、NodeXLへ渡します。 データ処理 Link to ..

Read more

Tag Cloudは、区切り文字のある列に対して実行すると、その頻度を可視化することができます。主に、Author列や、テキストマイニングやタグ付けで抽出されたワード列に対して実行します。 Tag Cloudを起動し、対 ..

Read more

Text Mining (Japanese)は、対象列(日本語)に対し形態素解析を行い、抽出したワードを各レコードに貼り付けます。 Mainタブ 入力1に分析対象列を選択します。入力2に抽出ワードを貼り付けたい列を指定し ..

Read more

Tag

Tagは、辞書に従って各レコードにタグ付けする機能です。辞書がしっかりしていれば、Text Miningよりも直接的で有効です。 入力1に分析対象列を指定、入力2に出力列を指定、辞書を選択し、Runで実行します。入力2が ..

Read more

Replace Replaceは、登録した辞書に従って対象列のワードを一括変換します。主に名寄せを目的とした機能です。 入力1にReplaceしたい列を指定、辞書を選択し、Runで実行します。 New/Editで辞書を編 ..

Read more

一度Quark Appsに取り込んでSave機能で保存したデータは、Openで呼び出します。それ以外のファイルは、Import機能で取り込んでください。 Open 過去に保存したqrkファイル(Save機能で保存されたデ ..

Read more

クローラーで取得したGoogleの検索結果や、特許検索サイトの出力データをインポートすることができます。読み込みと同時に、ノイズの除去や、区切り文字の認識が行われます。 Google Search/News/Schola ..

Read more

Import Editorは、独自のインポート機能を追加するためのエディターです。 Import Editorを起動すると、New/Editボタンがあります。ボタン左の一覧にあるインポート機能を編集するか、新たにインポー ..

Read more

Power Importは、Excelの標準機能であるPower Queryを利用したインポート機能です。通常のインポート機能はファイルしか読み込むことができませんが、Power Importでは、Power Query ..

Read more