Cross Table

  Data

Cross Tableは、任意の1軸または2軸を選択すると、書式付きのピボットテーブルを作成してくれる機能です。

例えば、Author列だけを指定してRunしてみましょう。

1軸だけ指定した場合は、区切り文字の先頭が縦軸に、区切り文字の2つ目以降(その他)が横軸なったピボットテーブルが作成されます。

次に、例えばAuthorとDateの2列を指定してみましょう。

2軸を指定した場合は、Authorが縦軸に、Dateが横軸になったピボットテーブルが作成されます。

ピボットテーブルのどこかの数値セルをクリックすると、該当するリストが出力されます。